ぶにせさん♪シドニー日記

オージーパートナードリアン君とのシドニーの日々の出来事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鹿児島の友だち

海外に住んでいて恋しいもの。それは

★家族
★友だち

あ、もちろん、寿司や刺身に温泉も恋しいですが。笑

どんなに離れていても、ケンカしちゃったりしても、縁は切れないし、
また絶対に会う「家族」。

それに比べて「友達」って遠く離れて暮らしていると、自然と疎遠になってしまっちゃったりする。
ぶにせには、帰国する度に集まってくれる友達がいます。
ありがたいことです。

彼女たちと出会ったのは短大時代。
ぶにせが通った鹿児島の女子短期大学英語科は一年時に

「寮に住まなければならない」

という決まりがありました。
えぇ、どんなに家が近くても、一年は親元を離れ寮生活。
寮の中は一応「英語の生活」が求められ、

外国の先生が3人程一緒に住んでおりまして、

「寮内のアナウンスは英語」
「掲示は英語」
出来れば「ダイニングルームでは英語」
という生活でした。

ま、それはいいんだけど、
短大生なのに
「門限6時」「消灯10時」
「朝の5時50分強制起床+ラジオ体操第一・第二(毎朝!)」
はきつかったなぁ~。

ラジオ体操後の朝の勉強1時間、夜は2時間の強制勉強タイム
もありました~。
毎朝決められたところのお掃除とか、ご飯の準備・後片付けは
自分たちで、、、とか「自分たちでクリーニング」することも
多かった。

その代わり(その代わり?)ご飯はシェフが作ってくれるので
めっちゃ美味しい♪
何日も煮込んで作るカレーとか、カリカリピザとか
この短大の寮の食事は名物になるほど。
女の子ばっかりだったことも手伝って、うら若き乙女達が少しずつ肥えていく~。

そんな同じ釜の飯を食べて一年、友だちとの絆は深まります。
結婚して子どもが出来て、強くたくましくそして優しいママになっていたり、自分の夢に向かって頑張っていたり、、、。
卒業して12年経っても会えば時を越えて笑い会える友達。

20061109081308.jpg

↑ぶにせが抱いているのは友達の長男Y。わっぜむぜかった!

みんな、集まってくれてありがとう。
会えて嬉しかった。

次に会える日を楽しみにしています♪


☆☆☆ブログランキング参加中☆☆☆
ここをクリック→人気blogランキングへ



スポンサーサイト
  1. 2006/11/09(木) 06:34:34|
  2. 鹿児島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

お父さんの還暦祝い

ぶにせ父、10月20日で60歳になりました。

昔は「人生わずか50年」とかいって、60歳になるのが大きなことだったんだろうけど、今は寿命80歳と長寿時代。
ぶにせ父もまだまだ元気です。

お祝いに、家族総出で夕食に出かけました。

わかまつ

霧島市国分福島2丁目15-27
TEL 0995-45-2249
11:30~14:00、18:00~21:30
定休日:水曜日

20061107082253.jpg


国分ジャングルパークの近くです。

20061107082219.jpg


いろんなものが少しずつ出てくる「洋風膳」で、すんごく美味しかった。
ロブスターもメインのお肉もデザートも、どれもこれも満足。

デザートを狙って、いろんな人の膝に座って回っていた甥。

20061107082315.jpg


美味しいものを食べれて満面の笑みの2歳児。

20061107082328.jpg


お父さんにはお祝いにお財布をプレゼント

20061107082355.jpg


大きくなってから家族全員と集まる機会って、あまりないもの。
この日は本当に久しぶりに両親+姉妹4人+おばあちゃん、そして
甥・三女のダンナ様・ドリアンが勢ぞろい。

20061107082205.jpg


貴重な写真が撮れました。

小さい頃は従兄弟と会えるのが当たり前だったけど、おじいちゃん・おばあちゃんがなくなってからは親戚の集まりもなくなり・・・、
代わりに自分の姉妹が結婚して子ども出来て、今度は私たちが親になって新たな「親戚の集まり」になるんだなぁ、、、、なんて

世代交代を感じたりして。

いつまでも子どもの気持ちでいたら、浦島太郎になっちゃいますね。笑

甥っ子が「従兄弟」に会えるのはいつかな~?

☆☆☆ブログランキング参加中☆☆☆
ここをクリック→人気blogランキングへ
  1. 2006/11/07(火) 06:47:28|
  2. 鹿児島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

鹿児島・黒豚料理

*今日は鹿児島弁バージョンでお届けです♪

かごっまには「うまいもん」がうぇど。
「黒豚」「黒牛」もよか味がすっど。
きょは、ぶにせんねぇちゃんが連れて行ってくれた
「黒豚料理」のお店を紹介しよち、おもっちょっど。

おみせん名前は「黒福多」ちけて「くろぶた」ち
よんたげな。
あたいはびんたがよかなかで、よめんかったが。

20061103084703.jpg


ドリアン(パートナー)は「黒豚料理セット」をたのんだど。

20061103084650.jpg


黒豚のモモ肉を揚げた「黒豚せんべい」ち、おもして食べモンがあったがよ。ぱりぱりして、うんまかったど。
豚骨も肉がやわして、よか味がした!

あたいは「黒豚ヒレかつセット」をたのんだ。

20061103084727.jpg


見てん、こんとんかっをっ!↓↓↓

20061103084739.jpg


さくさく、ジューシーで、なんちゅあならんかった!

ぶにせん姉ちゃん、ご馳走様でした。
あいがとさげもした!

20061103084715.jpg


よか思い出がまたひとっでけた。

★★★お店の情報★★★
黒福多

住所:鹿児島県鹿児島市千日町3-2
TEL:099-224-8729
営業時間:11:30~14:30(水~日曜、祝日のみ)、17:30~22:00

黒豚を主材料にした料理が味わえる黒豚専門料理店。
軟骨鍋・しゃぶしゃぶなどの黒豚鍋や耳酢味噌・豚せんべい・煮物・ゆでタン塩などの黒豚づくしを味わる。

☆☆☆ブログランキング参加中☆☆☆
ここをクリック→人気blogランキングへ

読めんかった人も、読めた人もクリック!?
あいがとさげもした!
  1. 2006/11/03(金) 07:10:56|
  2. 鹿児島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

霧島散策②

我が故郷・鹿児島へ一時帰国していた日々を綴っています。

知らない間に私の出身町は、「市町村合併」で住所が変わり「霧島市」の一部になっていました。

霧島(きりしま)と言えば、前回の記事にしたような「霧島神宮」「山登り」そして「温泉」など見所いっぱいです。

今回はちょっとおされな霧島を紹介♪

霧島アートの森
899-6201
鹿児島県姶良郡湧水町木場6340番地220
TEL:0995-74-5945
FAX:0995-74-2545

9時~5時 入園料 大人:300円

20061030085436.jpg


ぶにせがまだシドニーにいる頃、ぶにせ妹がドリアンを連れて行ってくれました。

20061030085451.jpg


「霧島アートの森」は・・・

「霧島アートの森」は、南九州の霧島山麓の標高約700メートルの高原にあり、自然の地形や樹林をできるだけ生かして整備した本格的な野外美術館、、、だそうです。(HPの「館長挨拶」より)

20061030085423.jpg


広い野外のあちこちに美術品が飾られており、散歩しながら美術品を見つけるのが楽しい。
時間があるときにゆ~っくり行くのがいいですね。

霧島道の駅にあるCAFE

鹿児島県姶良郡霧島町田口字霧島山2583-22

「道の駅」霧島は、国道223号に面した場所にあり、標高670mからの眺望が素晴らしく、遠くに見える錦江湾に浮かぶ桜島や開聞岳は絶景・・・
だそうです。(「道の駅HPより)

ここにあるCAFEは(名前忘れました~)ぶにせ妹のお気に入り。
20061102081648.jpg


眺めがよく、特別にブレンドされたオリジナル紅茶が飲めます。

20061102081701.jpg


残念ながらケーキセットは終わっていたので飲み物のみをオーダー。
ぶにせは↑の温かい紅茶、ドリアンは↓の冷たい紅茶をオーダー。

20061102081714.jpg


実はここに寄る前に、「霧島ホテル」の硫黄谷庭園大浴場で、温泉に入ってきたためドリアンはゆでだこ状態。
アイスティーが美味しかったらしい。

霧島ホテルの温泉は真ん中の広~い浴場が混浴になっているので、カップルでも楽しめます。
温泉の種類もたくさんあり、あきません。

ここの混浴、女性はぶにせしかいませんでした。。
ぶにせが上がる頃は、女性がどわ~っと入ってきましたが。
まぁねぇ、オーストラリアで「人の目はきにしない」ことに慣れているので、混浴ぐらい、屁の河童だわ。

みなさんは?混浴、大丈夫派? ちょっと躊躇派??

☆☆☆ブログランキング参加中☆☆☆
ここをクリック→人気blogランキングへ

七位まで浮上♪ 嬉しいです
  1. 2006/11/02(木) 06:51:25|
  2. 鹿児島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鹿児島・桜島の温泉

我が故郷「かごっま」。
活火山・桜島があり、言わずと知れた温泉天国です。


先日、桜島に行ったことを書きました。

ここへ行く途中、二つの温泉に寄りました。

①垂水「道の駅」の足湯

20061031213156.jpg


ここの「足湯」は、日本で一番長いんだそうです。
↑確かに、長いです。もちろん無料
一緒に行ったのは四女のMちゃんと彼氏。

20061031213212.jpg


目の前に錦江湾が広がり、海を眺めながらゆったりできます。

20061031213142.jpg


ちなみにここでは新鮮な魚や地元の特産品を購入することができます。
試食もたくさんあり!
ドリアンは、いろんな味のさつま揚げ(ここでは「つきあげ」と呼んでいます)をトライ、うまい、うまい、とたくさん食べてました。。

ぶにせは刺身用のきびなごと、海ぶどうを購入。
海ぶどうはぷちぷちした食感がたまらない~。

②桜島の古里温泉

20061031213225.jpg


↑鹿児島では結構有名な温泉です。
海のすぐ近くにあり、温泉の中に神社があるため「神様の前なので・・・」白い浴衣(?)を着用します。
混浴なので、ドリアンを連れて行っても一緒に入れるのでグッド~。

20061031213250.jpg


熱いお風呂が苦手なドリアンですが、肩までしっかりつかって、ゆでだこになってました。。

20061031213237.jpg


湯はけっこう熱め。半身浴でゆっくりつかるのがよいかと思います。

20061031213316.jpg


↑鹿児島市内のALTと遭遇♪ 彼のお父さんが遊びに来ていたらしい。
久しぶりのネイティブ同士の英語に、話に花を咲かせていました。

20061031213302.jpg


一人1000円くらいだったかな?
鹿児島での入浴料としては、一番くらいに高いですが、場所代でしょう。
ドリアンが楽しんでくれたし、私も久しぶりの温泉にゆっくりできたし、リラックス~の一日でした。

☆☆☆ブログランキング参加中☆☆☆
ここをクリック→人気blogランキングへ

温泉大好き!という方はクリック!
  1. 2006/11/01(水) 06:41:22|
  2. 鹿児島
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

鹿児島の家庭料理

我がふるさと「かごっま」。
美味しいものがたぁ~っくさん、あります。

今日はその一部、家で食べた「うまいもん」を紹介。

まずは朝ごはん。
これは鹿児島に限らず、日本の朝ごはんの美味しいこと!

20061030211131.jpg

↑毎朝、納豆ご飯を食べていたドリアン。(私、納豆ダメなのに・・・)

うちは鶏を飼っています。
毎朝1ダースくらいの新鮮な卵がとれるのだとか。

20061030211150.jpg


その新鮮卵を使っての玉子焼き~。黄身がぷっくり盛り上がっていて、きれいな黄色をしています。
オーストラリアのみょ~うに賞味期限の長い卵を食べなれているぶにせ達。この新鮮卵だけでもおいしかった~。

そして昼ごはん。

20061030211045.jpg


鹿児島でラーメンと言えば、「とんこつ味」。
意外とあっさりしてます。↑の写真は「ざぼんらーめん」。
ドリアンも大好きでした。

最後に夜ご飯。
買い物に行った私たち。
「最近の日本人はくじらは食べないよ~。」
と、ドリアンに説明していたぶにせの目に入ったものは、、、

20061030211237.jpg


くじらの刺身! くじらって、刺身で食べれるんですね。。。
そして、スーパーに普通に売ってるんですね。。。
買って帰って食べてみました。馬刺しのような食感でした。
敢えて食べなくてもいいかな。。

そして、次に目に入ったものが↓

20061030211205.jpg


まぐろのカマ! そして目!目!目~~!!
どうやって食べるんだろう。DHAはたっぷり含まれてそうだけど・・・。
(これはさすがに買いませんでした)

「鹿児島の家庭料理」まだまだ続きます。
もっとグロいものを見ても大丈夫な人は「続きを読む」をクリック!
【“鹿児島の家庭料理”の続きを読む】
  1. 2006/10/31(火) 06:44:59|
  2. 鹿児島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

霧島散策

今回の鹿児島滞在。
ドリアン君(パートナー)が私より先に、鹿児島入りしました。

私がいない間、両親+四女が彼を「霧島」と呼ばれる鹿児島の観光地に連れて行ってくれました。

まずは霧島神宮。

20061030085311.jpg


ここはぶにせ家が毎年初詣にいく神社です。
けっこう広い神社で、山の中にあり、あたりは森。
夏でもひんやりしています。

ここら一帯は「霧島屋久国立公園」内。
えびの高原もあり、夏の間の避暑地となっています。

霧島の観光案内所にある「足湯」。

20061030085241.jpg


↑温泉卵を頬張るドリアン君とぶにせ父。
足をあっためるだけで、いい気持ちになりますよね~。
多分、無料だと思います。
ぶにせ母も気持ちよさそう~。

20061030085257.jpg


その後、山歩きへ行ったらしい。

20061030085337.jpg


白紫池(びゃくしいけ)まで往復のコース。

20061030085324.jpg


ぶにせ家、ちょっとおかしい人達の集まりです↑

20061030085401.jpg


↑白紫池で両親とドリアン。いい思い出になった様子。

お弁当作って、霧島の山登り。
私の好きな休日の過ごし方です。
空気はきれいだし、山上で食べるおにぎりはおいしいし、その後入る温泉、最高! 更にドライバーじゃなければビールが付いてくる!!

山に登ると鹿が出てきたり、まだまだ自然がたくさん残っています。

山登り・池めぐり、無料だしね・・・・。
鹿児島へお越しの際、時間があれば是非霧島にも足をのばして下さい♪

☆☆☆ブログランキング参加中☆☆☆
ここをクリック→人気blogランキングへ

  1. 2006/10/30(月) 07:16:20|
  2. 鹿児島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

火山・桜島

鹿児島、、、と言えば、皆さんは何を想像します?
西郷さんも有名だけど、やはり「桜島」なのでは?
未だに活動を続ける、活火山です。

鹿児島市街の対岸4㎞の錦江湾に浮かぶ桜島。
大正3年(1914年)の大噴火で大隅半島と陸続きになりました。

20061029164943.jpg


↑の「現在地」との所「有村溶岩展望所」にやってきました。

20061029165108.jpg


鹿児島市からもフェリーで車ごと渡ることができます。
確か24時間営業。市民の足、となっています。
このフェリーの中で食べる立ち食いソバが好きな鹿児島人、結構いるはず。

展望所から溶岩道路をてくてく散歩することができます。

20061029165138.jpg


この日はたくさんの小学生が見学にきていました。
ドリアンが珍しい様子で、写真を撮るとき集まってきたり、一緒に写真に入ってきたり。子どもはかわいいですね~。通り過ぎる時も

「こんっちは!!」

と元気よく挨拶してくれました。

20061029165150.jpg


桜島の南岳は現在も活動中で断続的に噴煙をあげています。
南岳噴火口近くの湯之平展望所からは鹿児島市内の夜景も望むことができます。

鹿児島の名産の一つ「桜島だいこん」。↓

20061029165054.jpg


このまま横にスライスして、大きな輪切りが漬物になり、お土産やで売ってたりします。

鹿児島市民にとって「桜島」って結構厄介な存在。

桜島が噴火して、灰が降る日は、、、、
外に干した洗濯物をもう一回洗わなきゃいけないし
コンタクトレンズの人にはつらい一日になっちゃうし
灰がまうので高速道路が通行止めになっちゃったりするし。

道路に溜まった灰などは箒で掃いて、黄色の「灰用」ビニール袋にいれて「燃えるごみの日」ならぬ「灰の日」に捨てます。

ドリアンが驚いていたのは、毎朝の天気予報で「桜島上空の風向き」があること。
もし噴火したら、灰が鹿児島市内に来るのか、加治木町の方に来るのか、はたまた垂水に飛んで行っちゃうのか。
大きな問題ですから。

害はあるけれども、「桜島」は鹿児島にとって観光地の目玉。
鹿児島市内から見る桜島は、鹿児島市民にとっても愛着深い、やはりなくてはならないものです。

雨にも負けず
風にも負けず
灰にもまけず

きばいやんせ! かごっま人!!

☆☆☆ブログランキング参加中☆☆☆
ここをクリック→人気blogランキングへ

  1. 2006/10/29(日) 15:18:14|
  2. 鹿児島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ドリアン稲刈り体験

シドニーは今週末からサマータイムが始まりますが、北半球の日本は
「実りの秋」ですね!

ぶにせの実家は本業の傍ら、小さな畑で野菜を作ったり、田んぼで米を作ったりしています。
今回の滞在中はちょうど稲刈りのシーズン。

ドリアンと二人で加勢しました。
稲刈り、したことがある人は分かると思うのですが、稲ガラが肌に着くといがいがして痒い!
そこでまずは重装備。長袖・首周りはタオル・軍手・日差しカバーのためのつばの広い帽子・田んぼに潜む「マムシ」(ヘビ)に噛まれないための長靴は必需品です。

見て、ぶにせのこの姿。

20061027093707.jpg


完全に田舎のおばちゃんですね。笑

稲刈りは今は機械がしてくれるのでかなり楽。
機械が稲を刈って、束ねてくれます。

20061027093900.jpg


機械が刈れない端の部分は手で刈ります。

20061027093808.jpg


稲刈りって、本当に大変。
農作業をするとその苦労が身にしみます。
お米の一粒一粒も大事に食べなきゃ、、、という気になります。。

休憩タイム↓
20061027093730.jpg


ドリアンもすっかり田舎のおじちゃん。笑
隣はぶにせ父。60歳の還暦を迎えたのに元気元気。

20061027093846.jpg


機械が刈って束ねてくれた稲を、「はしけ」と呼ばれる竿にかけていきます。
稲を二つに割ってちょうど組み合うようにかけるのですが、稲を割るのにも握力が必要。
1時間も続けると、手がへなへなしてきます。
はしけにかけた稲の根元(上の方)にビニールをかぶせ、雨予防。
1週間から2週間ほど干すと、お米がふっくら美味しくなるのだそう。
機械で乾燥させるよりも、自然乾燥のほうがお米の美味しさが違うのだそう。

20061027093832.jpg


↑よく乾燥したら今度は「稲落とし」。機械に稲を入れて、お米だけを袋に詰めていきます。
それを精米して、やっと食べれる状態になります。

こうしてやっと出来た新米。

20061027093819.jpg


一粒一粒がつやつや・ふっくらして、極上の美味しさ。
甘くておいしい・・・。
やはり、日本のお米は最高でした。

☆☆☆ブログランキング参加中☆☆☆
ここをクリック→人気blogランキングへ
  1. 2006/10/27(金) 07:58:56|
  2. 鹿児島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

妹の結婚式

ただいま~~!!

鹿児島から帰ってきました。
いや~、久々の日本、よかったです。
スーパーの魚の種類が多いわ、モノは安く質がよく種類が豊富、ユニクロは無料で裾上げしてくれるわ、、、日本を満喫してきました。

皆さまにぶにせの故郷「鹿児島」をご紹介すべく、しばらくは
「ぶにせさん♪かごっま日記」にさせて頂きます♪♪

今回の帰国は妹の結婚式参加が目的でした。
ぶにせは4人姉妹ですが、三番目の妹・うちで一番の美女がお嫁に行きました。

Mちゃん、おめでとう!!

20061026220612.jpg


妹の写真ばかりの内容となりますので、お付き合いいただける方だけ↓をクリックしてください♪ 【“妹の結婚式”の続きを読む】
  1. 2006/10/26(木) 20:55:33|
  2. 鹿児島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

稲刈り体験

10月15日(日)

只今鹿児島滞在中です!

今日は実家の稲刈りを手伝いました。
家は農家ではないのですが、家で食べる米とか野菜は作っています。
お父さんがお仕事の間に細々と。

朝からドリアンも一緒に稲刈りに参加。
お父さんが機械で刈っていくのを竿にかけていきます。
こうして自然乾燥させたお米の方がおいしいんだそう。
ちょっと前に刈っておいたのを、今日早速精米に行きました。
今夜は新米が食べれそう。

それにしても、農作業はしんどい。
稲をかけたり、機械が刈れない所を手で刈ったり、落穂拾いしたり。。。
つくづくお米つくり・農作業の厳しさを味わった一日でした。
  1. 2006/10/15(日) 17:38:50|
  2. 鹿児島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。